しっかりと把握しておきたいマンション売却までの流れ

マンション売却の際には、まずはご自身で情報収集。周辺の条件が近い物件での売り出し価格を調査します(相場価格の調査)。その上で複数社に対して査定依頼を行い、専門業者が売却できるであろうという査定額を調査します(簡易査定)。

その中から相場価格に見合った、納得のいく査定額を提示した業者に査定をしてもらい(訪問査定)、最終的な査定額と実際の販売価格(売り出し価格)を決定します。

  1. ①相場価格の調査
  2. ②簡易査定
  3. ③訪問査定
  4. ④売り出し価格決定

①相場価格の調査

まずは売りたいマンションが実際にどれくらいの価格で売却が可能なのか? 相場価格をしっかりと把握しておく必要があります。相場価格を知っておかないと、簡易査定をしてもらった際に、その査定額が果たして妥当なものなのか判断ができず、複数社に査定してもらった場合でも、選ぶことができないからです。

新築で購入したマンションを売却したい場合でも、売却できる金額は購入時よりも確実に下がっています。車の売却でもそうですが、マンションの売却においても、一度誰かが所有してしまった場合には、新品時と比べて大幅にその価値は下がります。

現在の日本ではまずありませんが、土地そのものの価格が大幅に上昇でもしない限り、マンションの市場価値はどんどん下がっていくものですから、まずは現在の相場価格をしっかりと見極める必要があるのです。

②簡易査定

近年もマンション売却で主流になっているのが、ネット上から簡単に申し込みができるマンション一括査定サービスです。所在地や築年数、部屋の階数、間取り、売り主の情報を入力するだけで、複数社に対して簡単に査定依頼ができます。

簡易査定と呼ばれている通り、実際に物件を見て行う訪問査定よりも簡易的なもので、基本的には訪問査定よりも精度は低い場合が多くなります。

しかし、ある程度の築年数の経っているマンションや、大規模マンション、人気の高いマンションなどの場合には、過去の取引事例に加え、マンションの持つ特徴、周辺環境、パンフレット、価格表や図面などまでを、データベースとして業者が保有している場合があります。こういった場合には部屋番号さえわかれば、簡易査定であってもかなり精度の高い査定額となる場合が多いです。

大手の不動産業者や、中小規模でもその地域に根ざした業者では、こういった精度の高い簡易査定が可能な場合もあります。簡易査定額を比較して訪問査定を依頼する業者を選定する際には、その簡易査定額が根拠としているポイントを質問してみるなどして業者の特徴を把握しておきたいところです。

もちろん精度が高い業者で売却したからといって、必ずしも高く売れるというわけではありませんが、多くの情報を持っている業者であることは確かです。

③訪問査定

業者を選定したら、実際に物件を見てもらって査定を行う訪問査定となります。 物件の状態によって、それぞれの物件の持つ最終的な査定額が決定します。

この場合に、いつまでに売却するのか?ローン残債はあるか?住み替え先の購入時期&入居時期は?いくらで売りたいのか?など、細かな売却条件を相談して、最終的な売り出し価格を決定します。この部分がマンション売却でもっとも重要となる部分だといえます。

④売り出し価格決定

例えば、新居を購入する必要のない場合(実家に戻るなど)の場合であれば、必ずしも転居までに売却しなければならないというわけではありませんから、売却までにある程度の期間がかかっても大丈夫です。またローン残債がある場合なら、残債を相殺できる価格で売るのか?相殺できない分を見越して住み替えローンとして新たにローンを組むのかなど、査定価格を踏まえた上で、それ以外の売却条件に見合った売り出し価格を決定するわけです。

場合によっては、査定額よりも低い売り出し価格にせざるをえなかったり、その逆も考えられます。何を優先して売り出し価格を決めるのか?ここがマンション売却における最も重要なポイントだといえるのです。

このようにして、売り出し価格を決定するわけですが、 それでも結果として査定価格より、高く売れる場合と、安くなってしまうケースもあります。

マンション売却 査定よりも高く売れた方と下がった方の特徴

COPYRIGHT© 2013 マンションが査定価格より高く売れた方と下がった方の特徴 ALL RIGHTS RESERVED.