マンションが査定価格より高く売れた方と下がった方の特徴

マンションを売るなら、なるべく高く売りたいのは当然の事ですが、実際に査定価格よりも高く売れた人と査定価格よりも低い価格で売れた人がいるのはなぜなのか?

どこに違いがあるのか?それぞれの特徴について紹介したいと思います。

査定よりも高く売れた人と下がった人の特徴

どうして違いがでるのか不思議ですよね?

不動産のプロが査定していたり相場があるのにどうして、高く売れたり、低くなったりするのか?どのような違いがあるのか考えてみます。

  1. ・査定依頼の数
  2. ・得意分野の業者
  3. ・高く売る為の工夫
  4. ・営業マンの都合
  5. ・時間のかけ過ぎ

査定依頼の数

まず査定価格よりも下がった人の特徴として、1社にしか査定依頼せずにそのまま媒介契約を結んだ人が多く査定依頼の数が少ない事があげられます。

どうして査定数が少ないとダメなのか?

業者の査定額は取引事例などを元にして、それぞれの不動産会社の経験などを加味して査定額をだします。その為、査定価格は業者によってバラバラなんです。1社に依頼した場合、その業社が的確な査定見積もりを出せばよいのですが、そうでない場合は下がってしまう可能性が高くなってしまうのはわかると思います。

逆に査定価格よりも高く売れた人は、複数の業者に査定依頼してそれぞれの査定額を比較した上で媒介契約を結んでいるので、相場をある程度自分で把握している状態となります。その為、査定額の違いから高く売れる戦略を持っていると判断できる業者と契約する事ができるので、高く売れる可能性が高まります。

得意分野の業者

査定数の数にも関係しますが、選んだ業者が間違っていないかと考えないといけません。1社しか査定していない方は、その業者が本当にマンションを売却できるかどうかどうのように判断するのでしょうか?不動産屋だったらどこでも大丈夫!と思っている可能性も高いですよね。

近所の不動産屋を思い出してみてください。窓に物件の資料を貼っているが想像できると思いますが、そこには賃貸物件の資料、売却物件の資料が貼られていたりします。ここで重要なのは不動産屋は賃貸をメインとしているのか売却をメインとしているのか、さらには、売却をメインとしていたとしても、一戸建て、マンション、土地など、それぞれに得意分野がある事を把握する事です。

得意分野が異なる業者に依頼するよりも得意分野で売却経験の多い業者にお願いした方が高く売れる可能性は高まりますよね。

高く売る為の工夫

複数の会社に査定依頼して比較した上で、得意分野の業者に依頼すれば、少しは高く売れる事に繋がっているはずですが、さらに高く売る確率を上げるためには、高く売る工夫が必要となってきます。物件資料を魅力的にしたりなど、当たり前の事はすべてやった上で、まずは内覧希望者を募る必要があります。ただし、購入する可能性が高い人を集める必要があるので、その層に届くための方法を営業マンと一緒に考える必要があります。

多くの方が相場付近の金額で売却しているのは、その価格で売れる買主にしかアプローチをかけていないからとも言え、範囲は狭くなったとしても高く買ってもらえる可能性のある層にアプローチする手段を考える事ができれば、高く売る事が可能となってきます。

相場価格は取引事例から算出されている訳で、すべての業者が高く売ろうと試みて取引された金額ではないはずですので、アプローチ次第では可能性がはあるはずです。

一緒になって高く売る工夫が可能な業者を選べると高く売れるかもしれません。

営業マンの都合

実は契約した業者の営業マンの都合で価格が左右される事があります。両手仲介と言って、売主、買主両方の仲介をする事で両方から手数料をもらう事なのですが、営業マンからすると、売買契約が成立することでインセンティブがあったりする関係もあり、高く売れる物件だと思っても、興味を持った買主が購入しやすい価格に調整しようと働きかけることがあります。

売主の意見ではなく、どのようにしたら売れるのかを優先するため、低い価格での売却になってしまう事になったります。両手仲介を狙う営業マンが担当になった場合、高く売れるチャンスを逃す可能性があるので注意が必要です。

時間のかけ過ぎ

売却に時間をかけ過ぎるのも、低い価格での売却に繋がる可能性があります。納得の価格でない場合は売らないと決めて、長い期間をかけて、買主を見つける方も中にはいますが、時間をかけ過ぎてしまうと、購入検討者からすると、「このマンション前にもあったね」となり、売れていない、人気のない物件という印象を与えてしまいます。人によっては「何かあった物件なのかも」と考える人だっています。その為、最終的には価格を下げていかないと売れない状況になり、査定価格よりも低い価格での売却になってしまったりします。

高く売れたマンションは比較的早く売れる傾向があるので、売却のシナリオをしっかりしておくことが重要です。

まとめ

査定価格よりも高く売れた方と下がった方の特徴を紹介してきましたが、言える事は、まず、複数の会社に依頼を出して比較して価格の根拠がしっかりしている高く売ってくれそうな業者を選ぶ事が重要だという事です。

この最初の段階を間違うと、最低でも相場と考えていたとしても、下げた価格での売却になってしまう確率が高くなります。

多くの方が相場付近での売却となっていますので、高く売れる可能性を少しでも高くする為に上記の特徴を参考にして売却活動を始めることをオススメします。

COPYRIGHT© 2013 マンションが査定価格より高く売れた方と下がった方の特徴 ALL RIGHTS RESERVED.